2016年12月08日

鳥海山と鎮守の森

鎮守の森と鳥海山

広がる田んぼの中にぽつんと神社の木叢が。
今年もお米が立派に育ってくれるように、神様が見守ってくれてるんでしょうか。
雄大な鳥海山をバックに、とても見ごたえのある風景です。
自然とのんびりとした気分になって、時間の流れがゆっくりと感じられました。

たまにはこんな風景の中、緩やかに過ごしたいですね。


東北旅行つづき ⇒ 山居倉庫
まえ ⇒ 丸池様と牛渡川
ラベル:山形
posted by いしの at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 偶然・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

日陰のあじさい

あじさい1

今年の東北夏旅行ではとにかく紫陽花を見かけることが多かったです。
紫陽花と言えば梅雨のイメージですが、夏の日陰に紫陽花が咲く風景も良いものです。
植物の知識が全然ないもので、この紫陽花が梅雨の時期によく見るものと同じ種類なのか、
はたまた別の種類なのかはわかりません。
東北だから夏でも咲いているのか、別物だから夏でも咲いているのか。

わかんないですけどこの、「夏と紫陽花」という取り合わせ。
自分の中のイメージとはちょっとギャップがあるはずなのに、
私は東北地方の夏の風景としてすんなりと受け入れていました。
「東北では夏でも紫陽花が咲いている」。これ、私の中だけの常識とします。
東北の人に言ったらどんな反応するだろう。
「確かに、夏になっても咲いてるんだよね」って言うかな。
「いや夏咲かないでしょ。あれは梅雨のもんでしょう」って言うかな。


あじさい2


東北旅行つづき ⇒ 丸池様と牛渡川
まえ ⇒ 神泉の水
ラベル: 紫陽花 山形
posted by いしの at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 偶然・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

海へ

海道

山形県までやってきました。
夏休み。うだるような暑さ。絶好の海日和。
大いに盛り上がる海水浴場とは対照的な、もの哀しくくねった細道に行き当たりました。
そこから海を見下ろすと、何となく郷愁的な気分になりました。
そんなことでも旅行に来た甲斐があったな、と思います。

……背後から車の音。
こんな細くてくねくねの道よく走るなーと思って見ると、
おじいちゃんが小さな子どもを乗っけて軽トラックを走らせていました。
で、道の端にびたっと張り付いている私に、「ごめんねー」と言って通り過ぎていきました。
なんだろ、海に行くのかな。どうもこの道を進むと海まで下りられるみたいだし。
私も行くか、と軽トラの後を歩き出したのでした。


東北旅行つづき ⇒ 神泉の水
まえ ⇒ 六郷の清水
ラベル: 山形
posted by いしの at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 偶然・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

最果ての野球場

田舎野球場1

日本海へ伸びる半島の途中、人気のない住宅地を通り抜けて、
もうこれ以上は田んぼが広がるばかりだというところに、突如現れた巨大な照明塔。
こんなところにナイター設備が整った野球場なんてあるんだ。
野球のことは全然知らないけど、なんだか青春の匂いがして心をグッと掴まれました。


田舎野球場2

グラウンドの周りには土手があって、ここからみんな応援するんだろうなとか。
少年野球チームや中高の野球部がここで練習試合とかするのかなとか。
いろんなことを想像したりしますが、たぶん使ってるのは大概草野球チームなんでしょうね。

ともあれ、ここが今回の旅行の終着点といいますか、行き着くところといいますか、
折り返し地点になったような気がしています。地理的にどうかはわかりませんが、気持ち的に。


田舎野球場3


東北旅行つづき ⇒ 秋田竿燈まつり
まえ ⇒ 八郎潟の残存湖
ラベル:秋田
posted by いしの at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 偶然・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

広がる田んぼ

田園風景

広大な田園風景。
どこまでも広がる田んぼの景色には、
爽やかな風がすーっと吹き抜けていくような心地よさがあります。
この芝生みたいな田んぼの上を駆けて行きたいけど、実際やったら泥だらけですね。
中学生の頃は登下校時に田んぼに落とし合うバトル・ロイヤルがよく開催されてたっけ。
田んぼのおじさんからしたら堪ったもんじゃなかっただろうな。今さら反省…。
そんな思い出の田んぼも今はマンションになったりしてます。
まあ思い出のってほど思い入れがあったわけじゃないけど、そういうのちょっと寂しいですよね。
そんなことを思い出しながら、しばらくはなくならなさそうな広がる田んぼを見てた。


東北旅行つづき ⇒ 八郎潟の残存湖
まえ ⇒ 弘前ねぷたまつり
ラベル:秋田
posted by いしの at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 偶然・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする