2014年11月03日

長崎の「坂」

2014年8月24日。
佐世保市から長崎市に移動して、午後は異国情緒あふれる長崎の街を散策しました。
長崎は今まで紹介してきた尾道や呉、佐世保と同じく山の斜面に住宅が密集しているため、坂や階段が多い地域です。そして長崎の坂には、名前がついているものがたくさんあります。
中でも特に有名な坂を3つ、見てきたので紹介します。


IMG_7019.JPG


IMG_7021.JPG

まずは、「オランダ坂」。
これは一番有名だと思います。
東山手町に位置していて、近くには活水女子大学や、東山手洋風住宅群などがあります。
昔、長崎の人々は外国人のことをオランダさんと呼んでいたため、外国人が良く通るこの坂道を、オランダ坂と呼んだそうです。
この日の午後は雨が降ったりやんだりでしたが、濡れた石畳はとても魅力的なのでよしでした。


IMG_7082.JPG


IMG_7084.JPG

お次は南山手町に位置する「祈念坂」。
大浦天主堂横を通る細い坂道です。
大浦天主堂の前は大勢の人がいましたが、祈念坂にはほとんど人がいませんでした。
この坂道を上ると、大浦展望公園・南山手レストハウスがあります。グラバー園もありますね。
シスターたちがよく行き来したことからこう呼ばれているそうです。
ちなみに祈念坂は映画「解夏」のロケ地にもなりました。


IMG_7114.JPG


IMG_7118.JPG

最後は「ドンドン坂」。
こちらも南山手町、祈念坂からさらに南西に位置しています。
脇の溝を雨水がどんどん流れるからドンドン坂なんだって。いろんな名前の付け方があって面白いです。


港が見えて、洋館があって、長崎の坂巡りは外国を歩いているみたいですごく楽しかったです。
さて、これまで長崎の坂を淡々と紹介してきましたが、実際はいろいろ迷いながら、寄り道しながらの散策でした。
知らない町を歩くだけでもわくわくしてしまう私は、当然その過程もめちゃくちゃ楽しかったので、次の記事では長崎散策で出会ったたくさんの風景をたっぷりお見せしたいと思います。


2014年夏秋旅行つづき⇒長崎散歩
まえ⇒佐世保、雨の朝

タグ: 長崎
posted by いしの at 22:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅の目的地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

いしの 様:

初めまして、ガメラ@あかん外人です、よろおね。 (_ _)
早速ですが、2017年夏か秋、俺はもう一度ロケハン(所謂 聖地巡礼)の為、長崎へ行きたい(第一度は2012年でした)。

行きたい長崎市内スポットはTVアニメ「センチメンタル ジャーニー」(1998)で見た場所。

photo.xuite.net/gamera_3000/13029887*8

特に、最後の名無し街角たちと通学路が現実の長崎市の何処かに在るかどうか 分かりません。
暇有れば、是非教えて下さい。 m(_ _)m

ほなほな。
Posted by ガメラ at 2017年04月04日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/408271490

この記事へのトラックバック