2017年01月30日

羽黒山参詣

山形県鶴岡市羽黒町。出羽三山の一つ、羽黒山を登って参りました。
背の高い杉に囲まれた石段の参詣道は、現実離れした雰囲気を感じさせました。
この記事では、山頂までの風景を写真で紹介します。


羽黒山随神門

参道の入り口、随神門。
ここをくぐれば、すぐに下りの石段が待っています。


秡川の赤い橋

石段を下りれば谷を流れる秡川(はらいがわ)に差し掛かります。
秡川に架かる赤い橋は、緑の中でとても映えます。


羽黒山五重塔

羽黒山には五重塔があります。
奈良や京都の五重塔も良いですが、山の中突如現れるこの五重塔には吃驚しました。


羽黒山地蔵

五重塔近くに並んでいたお地蔵様。
植物に溶け込んでいるお地蔵さんに手を合わせ、先へ進みます。


羽黒山石段参道

五重塔を過ぎると石段参道が急になります。一の坂です。
この後羽黒山の山頂まで、二の坂、三の坂が待ち受けています。


二の坂茶屋

二の坂を上ると休憩できるお茶屋さんがあります。
名前はそのまま、二の坂茶屋。名物、力餅を食べて力を付けましょう。


羽黒山風車

参道にあった風車。
よく寺や神社の参道に風車が回っているイメージはありますが、
あれにはどういった意味があるのでしょう。何かのお祈りでしょうか。


南谷へ

三の坂に差し掛かる手前、右手に行く道があります。
松尾芭蕉が旅で泊まった紫苑寺別院跡がある南谷へと続いています。
道は石畳ではなくなり、ぬかるんだ土に敷かれた踏み石の上を歩いていきます。


南谷東屋

南谷です。ふいに視界が開け、東屋のみが建つ陽だまりに出てきました。
午前中の時間帯なのもあってか人はいなく、静寂に包まれていました。


羽黒山三の坂

参道へと戻り、三の坂を上ります。
山頂が近いのか、人の姿も増えてきました。先に見える光も明るいような。


羽黒山彫り物

石畳の一つに刻まれていた瓢箪と盃の彫り物。
別の石にも違うものが彫られていたりして、足元に注目するのもまた一興。


三神合祭殿

ついに山頂に到着しました。
羽黒山、月山、湯殿山の三山の神様を祀る三神合祭殿です。
ここまでずいぶんと時間がかかってしまいました。
五重塔付近で追い越していった男女二人組が、下山するところでした。
「ゆっくりでしたね〜」と言われ、私は苦笑いしました。


羽黒山三の坂

山を下りる頃には日は高く、石段に落ちる木漏れ日と影のコントラストも濃くなっていました。
修験道羽黒山の参詣道は、険しくも心洗われる美しい道でした。


東北旅行つづき ⇒ 飯豊町の散居村
まえ ⇒ 山居倉庫
タグ:山形 寺社
posted by いしの at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の目的地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

山居倉庫

山居倉庫1

2ヶ月近くも更新をサボってしまいました。ダメですね、すみません。
ちょっと投稿ペースを上げて、昨夏の東北旅行シリーズは早いところ終わらせてしまいましょう。
この冬にもけっこういろんなところに出かけてたんです。その記事も書きたいですし。

山形県の庄内地方は米どころです。美味しいお米がたくさん作られています。
そんな土地にぴったりの観光スポットが、酒田市にある山居倉庫です。
明治時代に建てられたお米の保管倉庫で、今も現役です。
倉庫の裏側は写真のようにケヤキ並木と石畳の道になっていています。
季節ごとに美しい顔を見せてくれるようです。
ドラマ「おしん」のロケ地になったことでも有名な場所ですね。


山居倉庫2


東北旅行つづき ⇒ 羽黒山参詣
まえ ⇒ 鳥海山と鎮守の森
タグ:山形
posted by いしの at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の目的地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする