2016年12月04日

丸池様と牛渡川

丸池様

約ひと月ぶりの更新になります。お待たせしてしまいすみません。
神泉の水に引き続き、場所は山形県の遊佐町です。

湧水の町、遊佐には「丸池様」というとても綺麗な湧水池があります。

(これがとてもわかりにくい場所にあるのです。
私がどのようにして丸池様へたどり着いたのか、記事の最後に書いておきますが、
興味ない人は無視してくださいね。
だけどちょっと覚えておきたい思い出なので、メモとして使わせてください。)

……ですが。
「夏はダメだねえ」
ひょんなことから知り合ったご夫婦の旦那さんが私に言いました。
「藻が浮いてますよね」
「うん、あんまり綺麗じゃないね」
丸池様は本当に綺麗な、湧き水だけを水源とした池。色は幻想的なエメラルドグリーン。
……だそうですが。
この日はとても暑かったからなのか、お世辞にもそうは見えない丸池様。
アオコ(?)が浮いていて、せっかくの透き通った水もあまり見えない状態でした。
上の写真はなんとか良く見える角度を探して撮影したものです。
もっと美しい姿の写真がネット上にもたくさんあると思いますので、気になる方はチェックです!
私と入れ替わりでやって来た、数人の渋いおじいちゃんグループの会話が耳に入りました。
(こういうグループいいですよね。小学校からの親友で、今でもつるんでる…的な)
「ただの沼じゃん」
「まああの辺見ると、辛うじて青いんだろうなーっていうのが」
「あー、あの辺ね。わかりにくいよ!」
一同ケラケラと笑う。どうあっても楽しそうでよろしいことです。
……うーん、やっぱり来た時期が悪かったかなー。まあ自然のものだし、しょうがないですよね。


牛渡川とバイカモ

けれど、夏に来てよかったと思えることもありました。

写真は、丸池様の近くを流れる牛渡川(うしわたりがわ)です。
丸池様と同様、とても透明度が高く、清流にしか生息しないバイカモという藻が見られます。
夏期には白くて可愛らしい花をたくさんつけるのです。
その花の形が梅の花によく似ていることから、「梅花藻(バイカモ)」と名付けられました。
バイカモは冷たくて流れのあるところを好むため、川の水に触れるととても気持ちいい。
川べりで涼んでいる人たちもたくさんいました。
ちなみにバイカモは日本固有種です。
日本ならではの夏の思い出が、また一つ増えました。


東北旅行つづき ⇒
まえ ⇒ 日陰のあじさい

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さて、私がどうして丸池様にたどり着いたのかというと。

付近まで来たはいいけどそこから道がわからなくなり、スマホの地図とにらめっこをしていると、
一台の乗用車が私のそばで停まりました。乗っているのは50代くらいのご夫婦でした。
運転席から旦那さんが出てきました。
「あの、丸池様ってどう行くかわかります?」
仲間が増えたと思いました。
「あ! 自分も丸池様行こうとしてたんですけど、すいませんちょっと迷っちゃってて〜」
「あ〜そうなんですね!」
「道わかりにくいですよねえー」
「そうなんですよ、私らも迷っちゃって。すみません、ありがとうございます」
そう言って、案外あっさりと車に戻って行ってしまった彼。
さては大体の見当はついてるのかな、と車を見守っていたのですが、なかなか発進しません。
ちょっと中の様子をうかがうと、どうやらナビと格闘している模様。
ここは私が一肌脱ぐかとなぜか調子付いて、スマホを手に彼らの車に近づきます。
気づいて旦那さんが運転席の窓を開けました。
「あ、ごめんなさい。あの、これこの付近の地図なんですけどね」
「あ! はいはい……」
私のスマホの画面に注目する彼。そして助手席からのぞき込む奥さん。
「ほら、ここに丸池様って書いてあるでしょう? 地図上でこの丸池様に一番たどり着けそうな道はこれなんですけど、それがほら、今車の正面にあるあの道なんですよ」
「おお……舗装されてない」
「そうなんです。しかもほら、あの向こうのほう」
私が指さした方向。舗装されていない彼の道を数百メートルほど進んだ先で数台の車が右往左往。
「あ! もしかしてあの車も迷ってる……?」
「ええ。おそらく丸池様に行こうとして。僕らと同じ考えであの道を行ってみたけど、たどり着けないんですよ。そして……」
「あらら、一台こっちに戻ってきた」
「という事はあの道じゃないんですよ。とすると、残るルートは一見遠回りに見えるけど……」
再びスマホ画面に視線を落とす私とご夫婦。
「この道をこう行って、これ、箕輪鮭孵化場。ここに行けばどうにか丸池様に行けるんじゃないかと思うんですが」
「はーなるほどなるほど」
皆して実際のルートを確認しようと顔を上げると、丁度一台、鮭孵化場へ向かう車がありました。
「たぶん合ってるんじゃないですかね?」
三人がお互いに顔を見合わせて、笑みをこぼしました。

「えっと、僕にできるのはこれくらいで。先確かめて来てください。僕も後から行きます」
「ありがとう。いやー助かりました」
彼らの車は先に鮭孵化場へ向かっていきました。
それからすぐ、私はぷらぷらと後を追いかけました。良い事をしたなんて思いながら。
そして見つけたんです。
……箕輪鮭孵化場へ続く道の脇に、けっこうでかでかとした「丸池こちら」の看板を。
やばい。かっこわる。
何をさっきまで名探偵みたいな振る舞いをしておいて(しかも大した推理じゃないし)。
全然わかりやすい道案内あるじゃん。うわぁ〜恥ずかしい。
方向音痴のくせに柄にもなく調子に乗ったせいだ。
私が孵化場に着くと、あのご夫婦が律儀にも待っていてくれました。
「あはは、見ました? あんなにわかりやすい看板が。僕の立場ないよ〜」
こう言っておどけるのが精いっぱい。バカみたい。いやバカなんですけど。
彼らもいやはやと笑いながらフォローしてくれました。やさしい。
ともあれ、これが私の丸池様へたどり着いた顛末でした。

タグ:山形
posted by いしの at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の目的地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

日陰のあじさい

あじさい1

今年の東北夏旅行ではとにかく紫陽花を見かけることが多かったです。
紫陽花と言えば梅雨のイメージですが、夏の日陰に紫陽花が咲く風景も良いものです。
植物の知識が全然ないもので、この紫陽花が梅雨の時期によく見るものと同じ種類なのか、
はたまた別の種類なのかはわかりません。
東北だから夏でも咲いているのか、別物だから夏でも咲いているのか。

わかんないですけどこの、「夏と紫陽花」という取り合わせ。
自分の中のイメージとはちょっとギャップがあるはずなのに、
私は東北地方の夏の風景としてすんなりと受け入れていました。
「東北では夏でも紫陽花が咲いている」。これ、私の中だけの常識とします。
東北の人に言ったらどんな反応するだろう。
「確かに、夏になっても咲いてるんだよね」って言うかな。
「いや夏咲かないでしょ。あれは梅雨のもんでしょう」って言うかな。


あじさい2


東北旅行つづき ⇒ 丸池様と牛渡川
まえ ⇒ 神泉の水
タグ: 紫陽花 山形
posted by いしの at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 偶然・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

神泉の水

神泉の水1

山形県の遊佐町には、「神泉の水(かみこのみず)」という湧水があります。
山の神様から湧水をもらい引いてきたことから、この名がついたと言われているそうです。
神泉の水は六つの水槽に分かれていて、それぞれ用途が違います。
これを守ることで、お水をずっと昔からきれいに使うことができているのです。


神泉の水2

上の水槽から下の水槽へと水が流れていきます。
流れる水がきらきらと日の光を反射して、夏感を増幅させてくれます。
それにしてもこの日は暑かったんです。もうずっと昔のような感じなんですけど。
だって今日はもう11月で、ちょっと尋常じゃない寒さでしたから。


神泉の水3


東北旅行つづき ⇒ 日陰のあじさい
まえ ⇒ 海へ
タグ:山形
posted by いしの at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の目的地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

海へ

海道

山形県までやってきました。
夏休み。うだるような暑さ。絶好の海日和。
大いに盛り上がる海水浴場とは対照的な、もの哀しくくねった細道に行き当たりました。
そこから海を見下ろすと、何となく郷愁的な気分になりました。
そんなことでも旅行に来た甲斐があったな、と思います。

……背後から車の音。
こんな細くてくねくねの道よく走るなーと思って見ると、
おじいちゃんが小さな子どもを乗っけて軽トラックを走らせていました。
で、道の端にびたっと張り付いている私に、「ごめんねー」と言って通り過ぎていきました。
なんだろ、海に行くのかな。どうもこの道を進むと海まで下りられるみたいだし。
私も行くか、と軽トラの後を歩き出したのでした。


東北旅行つづき ⇒ 神泉の水
まえ ⇒ 六郷の清水
タグ: 山形
posted by いしの at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 偶然・発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

六郷の清水

ハタチや清水1

秋田県美郷町六郷。湧水群が有名な水の郷です。
写真のような清水が町の至るところにあります。
全部、「○○清水」と名前があって、町の人に親しまれています。
私も全部見てやろうと思って、町のホームページに載っている清水すべてを巡ってきました。
生活に使われる清水や池っぽい清水などいろいろありました。
写真の清水は、「ハタチや清水」です。
ハタチや酒店の敷地内にあって、お店の人のご厚意で開放されています。
こんこんと湧き出る清水でスイカや野菜などが冷やされていました。夏ならではの風景です。


ハタチや清水2


東北旅行つづき ⇒ 海へ
まえ ⇒ 秋田竿燈まつり
タグ:秋田
posted by いしの at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の目的地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする